色が豊富なTシャツ

みなさん誰でも自分だけのこだわりもののマニアックワールドを持っているのではないでしょうか。

例として黄緑なら黄緑、ブラックならブラックといった具合に、カラー別にものを収集していく方たち意外といることでしょう。

色が豊富なTシャツもみなさんの雰囲気に合うカラーにこだわって、収集してみてはどうですか?

Tシャツと一緒になって、サマーシーズンの注目な衣類と言われるポロシャツ。

なるほどポロシャツもさわやかでフォーマルな感じで良いことは認めます。

それでもどう言っても、ルームウェアーにもなるしフォーマル衣装にもなるというTシャツの利便性を考慮すると、Tシャツの方が数段上でしょう。

ご自身は自宅で着る服としてどういった服を着用していますか?

多くの方々が気に入って着用しているのは、安く買えるからガンガン着られていつでも洗える、なおかつ汚れを気にしなくて良いTシャツです。

とはいえTシャツってけっこうカッコいいから、部屋着にしても自分のカラーが出せるんですよね。

オリジナルカラーのTシャツがスタンドに彩りを添える高校サッカーの応援。

結束した雰囲気の応援団は、「頑張れ」と書かれた独創的で良く目立つTシャツをみんなで着用して、体全体で選手のサポートをしています。

独特なタイプのTシャツは、学生野球の観戦に不可欠な品物として人気を集めています。

普通のTシャツも重宝

街でかなり楽しくて味のある、独創的な言葉や文章の入ったTシャツをカッコ良く着ている学生たちを見たことがあるのでは?

その人たちがカッコ良く着ている個性派のTシャツ、それこそは俗に言うネタTというものです。

あなたのモットーとしている一言や部活仲間と相談して決めた文章を入れて作ってみるのもいいですよ。会社から帰ったら大好きなTシャツにすぐチェンジする…そんな癖がある方たちも多いはずです。

Tシャツってものすごく不思議なエネルギーのある家着ではないでしょうか。

それに身を包むと、どうしてか心がほっこりして自由になった様な気がすると思います。本来簡単な分デザインセンスが際立つTシャツ。

いわゆる普通のTシャツも重宝するけれど、夏以外にカーディガン等の中に着用するのに、5分袖タイプのものも本当にいい感じでしょう。

種類も色々とありますし価格的にも比較的手ごろなので、沢山バリエーションを集めてオリジナルアレンジを作りましょう。Tシャツの生地と言えばどういったものがあるでしょうか?

大抵OZで説明されるそうですが、OZとはTシャツに用いられている材質の重みを判断するための単位なのです。3.8オンスから6.6オンスまで様々な厚さのものがあるのですが、重さごとに着心地や耐久性に差があるので、利用場面に応じて選択可能です。

ロングTシャツの色んな収納方法

ロングTシャツのしわにならない収納方法はいくつかあるのですが、クローゼットの要領によっても変わると思います。例えば、シーズンオフのものなら綺麗にたたんで、防虫剤などと一緒にネットに仕舞ってしまい、また時期が来て使うときに出すという方法があります。持っていても数枚程度だと思うので、よく使う洋服ならハンガーに掛けておいてはどうでしょうか。

枚数が多い場合などは小さくたたんで下着をしまう要領で、上に重ねていくのではなく横縦に並べていくように一箇所の引き出しに収納します。これなら取り出しやすくもあり、どのロングTシャツが一目で分かるのでオススメです。私が実践している収納法もこれです。

利用頻度の多いものは手前に、利用頻度が少ないものは奥に仕舞いましょう。隙間がないくらいに、みっちり収納しておけば一つ取り出したところで並べた列が崩れることもありません。また、隙間ができそうだったらロングTシャツの間に間仕切りを間に挟むことで、崩れるのを防止できます。

ネットなどで検索してみると、みなさんロングTシャツの色んな収納方法を紹介していたりもするので、自分が持っている枚数や収納場所の要領を考慮して参考にしてみると良いかもしれません。

ロングTシャツをいつものようにたたんで

ロングTシャツのしわにならない収納方法といったら、横向きに置いて重ねておくのではなく、縦向きに収納したらいいと思います。洋服を出すとき、毎回一番上にあるものを着たくなるわけではありません。

当然、その日の気分で洋服を選ぶので、下の方にあるものを出すとなると、それより上にあるものや、丁度下にあるものは、確実に一緒に引っ張られ、しわになってしまうものです。ならば、一緒に引っ張らなくてもいいように、縦に収納をしたらいいと思います。

一枚一枚、丸めて収納というのもいい考えだと思います。ロングTシャツをいつものようにたたんで、そのあとくるくると丸めて収納しておけば、着たい時に、その着たいものだけを上手に取り出すことができるので、しわになる可能性が低いと思います。

たたまずに、ハンガーにかけて収納するという手段もあると思います。たたむことによってロングTシャツがしわになるということもあるので、ハンガーにかけて、クローゼットに収納しておけば、自分の着たいものもすぐ見つけられるので便利だと思います。

普通のものよりも裾が長いので、その分、収納の場所をとってしまうのですが、クリアファイルなどを使って上手にロングTシャツを収納しておくというのもいいかと思います。

しわになりにくい素材のロングTシャツ

ロングTシャツのしわにならない収納方法を紹介したいと思います。

半そでTシャツに比べ、袖の部分が長いので、着るときにしわが目立ってしまうものです。

まず、干すときに、袖のしわを伸ばしておくと、乾いた時のしわが少なくなります。そして収納方法を、効果が高いと感じている順に紹介します。

一番効果があるのは、ハンガーにかけてロングTシャツを収納することです。あまり頻繁に着ないものは、ハンガーにかけて収納したほうがしわになりません。また、着たいものを見つけやすくなるので、たんすの奥から引っ張り出す手間も省けます。

次は、ロングTシャツをたんすに収納する場合です。なるべく丸めて収納するのがおすすめです。省スペースになりますし、折り目がつくこともありません。

丸めずに、折ってたたむ場合は、なるべくふんわりとたたんだ方がしわになりません。きれいにたたもうと、きっちり折り目をつけてしまうと、いざ着ようとしたときに、この折り目が目立ってしまいます。

とくに袖の部分は、あまり折り目をつけないように注意する必要があります。

どうしてもしわになってしまった場合は、しわ取りスプレーがあると便利です。また、しわになりにくい素材のロングTシャツを選んでおくことも、ひとつの方法だと思います。